AI Dynamics Japanがお勧めする無料アノテーションツール "VoTT"について

AIアルゴリズムを簡単に作成できるツール Builderのβ版を近日リリースする予定です。

AIアルゴリズムを簡単に作れるとはいえ、アノテーション(画像中の物体に対するに対するラベル付け)はどうしても必要な作業です。アノテーションツールとして、AI Dynamics Japanは、Microsoft製のフリーウェア VoTTを推奨しております:

弊社も、アノテーションツールVoTTの使い方を紹介するサイトを立ち上げました:
https://aidynamics.jp/services/vott_manual

VoTTは少しクセがあるツールなので、今後はこれらのクセの回避方法などについても、こちらのフォーラムにて言及していきたいと思います。

Tips1: Path(フォルダ名と画像のファイル名)は、全て半角英数文字に!

VoTTは、UTF8等の全角文字への対応が万全でないようで、フォルダ名、ファイル名に全角文字を使うと、「不明なエラー」を出すことがあります。あとからのファイル名変更への追従も非対応なので、準備段階で半角Pathにしておきましょう。

Tips2: 画像格納フォルダを移動すると、アノテーションデータの引継ぎに失敗する

VoTTの現状の仕様では、アノテーション結果をほかのPC,.ほかのフォルダへ移動すると、アノテーション結果がうまく引き継げません。当面は、アノテーション作業中はフォルダ移動は避けていただければと思います。回避策をAI Dynamicsでも探りたいと思います。